読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うぇぶまけ給水所|content="noindex"

日々の思考の給水所。人生論がお好きなマーケターさんはごひいきに。

ユーザの思考回路を手に入れる方法。Webサイトは「見知らぬおじさんがくれた飴」である

人の話を聞きながらページを読む。

テレビを見ながらや、喫茶店で人の話を聞きながら、セミナーの音声を聞きながら。

自分の興味の対象が別にあり、そのことを考えながらページを読んで、引き込まれるか?あるいは頭に入ってくるか?

それをチェックする。

疑ってページを読む

Webサイトは「見知らぬおじさんがくれた飴」です。

「知らない人にもらったものを、勝手に食べちゃいけません」。

誰もが母親にそう教えられたはずです。笑

「ページを読む」という飴を食べるときは、「興味を持った時」です。

「読み進める」という飴を食べるときは、「信用したとき」です。

「次のリンクへ進む」という飴を食べるのは、「欲求を持ったとき」です。

だから疑って読む。

自分の書いたものには皆愛着を持ちます。

でも、自分の部屋に見知らぬおっさんがいたらどう思うでしょうか?

だから、キャラクターが大事なのです。

だから、このサイトはどんなサイトか?が大事なのです。

だから、見た目のわかりやすさが大事なのです。

だから、ヒトコトで飴を食べるメリットを提示するのです。

だから、2度目に訪れたユーザーはCVしやすいのです。

ね。このページ、怪しいでしょ。

この飴食べるかどうかは、アナタ次第です。

 

p.s.

あと、定期的に自分の悩みをWebで調べてみることです。

というか普段のライバルチェック時に、ユーザーになりきるのです。

  • あれ?ここが分からないぞ?
  • あれ?これってなんなんだ?
  • しってる人いないの?

ユーザーの頭にある疑問の数なんてたかが知れています。どんなにメモリのある人でも、疑問は1つや2つです。

それを的確に解決し、ユーザーが気づいていなかった「あなたどうせこれも知りたいでしょ」に応えること。

「そうそう、ソレも知りたかったんだありがとう!」「てか、なんでそんなことまで分かるの?」「スゴいね!」

ユーザーの期待値を超えたCVこそが、アフィリエイターの真の付加価値。

これは絶対に譲れないよ。

広告を非表示にする