うぇぶまけ給水所|content="noindex"

日々の思考の給水所。人生論がお好きなマーケターさんはごひいきに。

ちょっと拡散されてたサイトのこと

VERY妻がターゲットってのは面白い。何に憧れているか、何を提供するか。どうしたら差別化になるのか。でもじゃあそれがウォーターサーバーに繋がるわけ?ユーザーの検索動機想像できてるわけ?記事目的ちゃんとあるわけ?ってなると弱い。本当に弱い。

ご本人には伝える気もないし、ここを万が一みられたら失礼なんだけど、雇われる側の思考だと思う。フラットな意味で。

仕事はやる、真面目にやる。そこそこ優秀。ただ認められたい、結果以前に評価してほしい気持ちが強い。そこがモチベーション。環境がそろっていて欲しい。お金にはそこそこ満たされている。・・スタバの店員と似ている。優秀、人当りがよい、できる。けれどどこか憧れている。あくまで「ふつう」の中で優秀でいたい。その「ふつう」がわかっちゃうからまた困るんだよねそういう方って。外れ値にはいけない。

けなしているわけではなく。もともと大企業の一線でやってたのかなと思ってるくらいで。優秀な人なんだと思う。学生がいっても説得力ないわな。

リサーチ能力もあるし、プレゼン能力も、自学するベースになる力もある。

だからこそ、アフィリエイトを今回の水鯖の結果にかかわらず、続けていってほしい。何らかの形でかかわり続けていってほしい。ライターを取りまとめる立場になるのが最も能力発揮できると思う。

正直言うと、アフィリエイト業界に「こんなまともな人がいるのか」という発見が最近多い。非常に多い。まともじゃないの、俺だけ?みたいな。笑 それだけオフラインで繋がったり、コミュニティが形成されてきてるってことなんだろうけど。

理想の1人に告白してOKもらえる自分になるまで自分磨きをするのが近道なようにみえて、本当の幸せは腐るほどいるブスにフラれてショック死しそうなその先にあるのかもしれないね。完成しなさそうな理想を追い続けるのではなく、石ころみたいな現実につまづいてショック受けてその先ってことさ。これは自分にいってんだけど。

Twitterにしては1000文字近い文章になってしまった。

広告を非表示にする