読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うぇぶまけ給水所|content="noindex"

日々の思考の給水所。人生論がお好きなマーケターさんはごひいきに。

もういやだ?ストレスをエネルギーに変えるマネジメント論

果てしなく意識の高いタイトルですが、No followで。軽いタイトル詐欺です。

「情けは人のためならず」の本当の意味を知っていますか?

「相手のためにならないよってことじゃなくて、まわりまわって自分の為になるってことでしょ?」と思った方。正解です。

正解なのですが、実は心理学的に解釈すると、さらに深い見方があります。それが「思いやりきずな反応」です。

とある研究では、嫌なことがあったときに「人助け」をすることでストレスが減る・・という結果が出ています。つまり「社会的繋がり」がストレス軽減につながるんですね。

これを専門的用語で「思いやりきずな反応」というそうです。

最近入会したメンタリストDaigoのニコニコチャンネルで、こういう話がたくさんあります。アーカイブ期間が短くて時間が縛られるのが玉にキズですけど、フリーの時間が多くて人間の行動原理を知りたい人にはお勧め。1つの趣味ですね。

話を戻すと、人助けってのは実はストレスを軽減させます。特に理不尽なことをされた際に有効です。

こんな温度感の話を書いていきます。

ストレスに対する考え方 

ストレスを感じてる人って「守るべきものがあり、やりたいことがある」ということなんですよね。どうなるかわからないからこそ心配になる。

だから「ストレス=熱心さのバロメーター」ってことなんです。

そして「生きがい」とは2つのもの―「ストレス+心配事」から成り立っています。面白いですよね。 

人の視線との付き合い方

人から見られている状況なら火事場の馬鹿力が出る、だから目標はどんどん人にいいなさい、どんどん前に出ていきなさい・・という考え方を持っていませんか?

実はこの考え方は間違っているのではないか、という話です。結論からいえば「隠れて努力する」のがベターチョイスです。

狙われている=視線を感じる

人に見られている状況ってのは、長年の間人間にとって「獲物に狙われる状況」でしす。ライオンはシマウマをじっと見つめますが、シマウマはライオンを見つめません。

シマウマはライオンに見られていると気付いた時点でどうするでしょうか?一目散に危険から逃れようとしますよね。他者から見られている=狙われている、という視点がDNAに刻み込まれているからです。

人間の場合も同じで、「人から見られている」という意識はホルモン分泌の割合を変化させ、体を戦闘状態に持っていきます。

この状態からエンドルフィン、テストストロン、アドレナリンを分泌させて、うまくフロー(ゾーン)に持ち込めるならいいのですが、大抵の人は「逃げること」を考えるんですよね。どんな戦闘状態化は人それぞれであり、大抵の場合はフローに入るための、醸成された期待感・過去の成功体験・そして崖っぷち意識を持ち合わせていないわけです。

崖っぷちではないたいていの人にとっては、自分を追い込んだところで「どこに逃げ道があるのか」にばかり意識が向いてしまい、当初掲げた目標とは別地点(逃げること)を達成させてしまうことに。

僕の場合もある意味で崖っぷちじゃありません。たぶん就職したらある程度いいとこイケるので(憶測にすぎませんが)、全然崖っぷちじゃないわけです。お金的にも、たくさんあったらあれやこれに使えるとは思いながらも、本能ベースで「ヤバい!」という飢餓感は得られてないなと思っています。

なのでこの状態でがんばるとかいっても、「まずは社会人経験も大事だよ」という誘惑に甘えそうになったり「アフィリエイトなんかやるの?」と同期のエリートに後ろ髪ひかれたり「ぶっちゃけ参入してほしくない!(笑)」と冗談交じりで本気なことを言われて、それを受け止めてしまってブレーキになったりもするわけです。

本当に自分がやりたいのなら、人に言わずに努力すること。大学デビューと同じ論理です。説明はもうはしょります。わかる人にはわかるとおもう。環境を丸ごと変えるって話です。

がんばります禁止。

「視線=狙われてる」だから、自分を鼓舞するのはやめるべきだとも思います。

Twitterでよく見かける発言なんですけど、「寝不足でも関係ない!突っ走る」とか「すごいですね!私もがんばります!」っていう無意味ついーとをする軍団たくさんいるでしょ。絶対そのテンション続かないですよ。

「がんばります!」の目的って、自分より上の立場の人の目を引きたいだけじゃないですか。ちょっと相手にしてもらっただけで、餌をもらう前の犬よろしくハフハフハフって喜んじゃうんですよね。どれだけ自己評価低いんだって心配になります。

そうじゃなくて、自分が努力することでその人たちに何か恩を返すということ。今の結果以外の部分で何か尊敬できることがないかを見抜くこと。

私の場合は特に「フラットな状態でやりぬく」ことを心に決めています。個人的な特徴として極端に「対面での相手の印象・雰囲気・オーラ」の人物像を重視する部分があり、また人より対面の情報量が多く影響を受けやすいので、いくら立場が上の人でも付き合う相手は慎重に選んでいます。

とにかく、「がんばります」は禁止。

というようなことを趣味で考えています。

都内のカフェより

p.s.ホリエモンのメルマガ申し込んだけど、ノイズ多くてスタッフの編集ばっかりなので、様子見て月末に解除する予定。

広告を非表示にする