うぇぶまけ給水所|content="noindex"

日々の思考の給水所。人生論がお好きなマーケターさんはごひいきに。

動画という黒船

文字の情報は7/100

文字ベースで検索すると、本当の情報か嘘の情報かが判別しづらい。文字だけではその人の言わんとする「真の意味」をくみ取ることができず、自分の環境に落とし込んで判断する事で「間違った」という齟齬が起こる。

それなりの人間であれば、その人の雰囲気さえあれば何もいわずともどんな人間かが分かる。齟齬があって当然の世界。だからこそ掴みようのない実感や結果に人は振り回され、迷う。

動画があるのと文字だけなのとでは、判断の信頼性が天と地の差だ。

非言語情報さえあれば、目の前の情報が

  • 正しいのか、正しくないのか
  • 信用すべきなのか、無視すべきなのか

なんてすぐ判断できてしまう。

人の顔も見ずに声も見ずに情報の優劣を判断するのって、実はとっても難しい。メラビアンの法則→言語情報って全体のうちたった7%しか占めていない。

文字だけで情報を判断することは、鼻をつまんで牛乳が飲めるかどうか判断するようなもので、非言語情報がそこには必要なんだ。

 

人を見抜く力は誰にでもある

ぼく自身、才能に恵まれているわけじゃない。それでも人より秀でているのは「社交性」にあると思っていて、個々人の言っている内容を別の人に翻訳して伝えたり、相手の思っている内容を言語化できるように手助けしてあげられることが強みだと思っている。

人のしぐさやパターンを過去の人間に当てはめれば、その人がどんな状況でどうふるまうか、現在何を考えているのか、今朝何があったのか、どんな生い立ちなのか、自分で自分のことをどう思っているのか・・ということが手にとるように分かる。

人を見る目さえあれば他人人生から経験をスポイルできる。自分の血肉にすることができる。これをずっと昔から思っていて、どうやら他人はそこまで見えていないらしく、だから僕は人に会うのが人一倍好きらしい。だけどなかなか人にこのスキルを分けてあげることができていない。

カウンセリングっぽいことをしたり、カフェの店員やコンビニの店員に使ったり、デートに使ったり、集団の調和に使ったり。自分の存在するレベルの世界に留まっている。スキルをどうにか1つのサービスや組織として共有できる価値に昇華させたい。今後の課題だ。サブスキルとして使うかもしれんけど。

とはいえ誰にでも人を見抜く力はある。手紙や文字を通して何かを感じるのは超能力の域だけれど、人のしぐさや表情をみて情報を読み取る能力はだれにでもある。

動画はリライトできない

Cakesで「ゲンロン東浩紀「動画字幕の衝撃! これからは動画と文字の境界がなくなる」|メディアビジネスの未来|cakes編集部|cakes(ケイクス)」という記事があって、要は「動画に勝手にテロップつくじゃない、この技術発展したら動画がストックされて文字に置き換わるよね」ということ。

思うところが2つあって、1つは「動画とテキストは全くの別モノだからそこまで影響はないので、この人の思い違いだ」ということ。作家とかっていうのは心の中に「〇〇っていう俺かっこいい」っていうモチベーションの源泉を持つ人が多いので、要は自意識過剰なわけだけど、それがまたいい感じにデフォルメされて共感を呼ぶところにバリューがある。なんで、話半分でいいとは思うんだけど「動画が台頭するよね」っていう部分に関しては同意。

で2つめなんだけど、動画が普及することによってより信頼性みたいなものが公のものになっていくわけ。動画って文章と違って非言語情報も多ければ編集も難しい。動画のリライトなんていうものはできない。発言内容ならリライトできるけど、それもどこかで伝わってしまう。

動画=商標、からのブランドとは何か

ということは商標として使う事ができるわけだ。ブランドとして使うことができる。動画はパクルことができないからだ。

Vineでたくさん才能のある人間が出てきているけど、彼らのコンテンツは誰もパくれない。パクルとしても彼らのコピーライト(映像)つきの動画をそのままコピーするしかない。Vineの動画の価値が投稿者に帰属しているわけだ。

2ちゃんねるで面白い投稿があれば。文字さえコピーしてしまえばいい。誰が投稿したのかもわからないし、出展も分からない。だからこそいくらでもコピーできる。

これが半兵衛さんやとのさまあたりの言う「コンテクスト」だと思っている。確かにドメインにコンテクストはない。どれだけ中古を使っていても、どれだけホワイトで地道にがんばっていても、それはユーザーの知るところではない。コンテクストは生まれない。

だけど情報がどんどん立体的になっていく中で、そういった画一的な手法はどんどん淘汰されていく。

さいごに「紐づけ」の話

なぜGoogleSSL化をするんだろう?

検索ワードを見せた方がGoogle全体の評価が上がるはずなのに。

そういえばGoogleには「サーチコンソール」という機能があった。よかった、これさえあればキーワードを多少見ることができる。

なぜ政府はマイナンバー制などということをするのだろう?

紐づけすると管理が楽か?

きっとこれからの人間には「シリアルナンバー」が貼られることだろう。でもそれは臆することじゃなくて、そっちの方が便利だからだ。

きっとこれからの人間の行動はすべて筒抜けになるだろう。でもそれは臆することじゃない、管理者はそれを見て見ぬフリをしてくれるだろう。

彼らの激高にさえ触れなければ。

そんな妄想をしていると、この世界を広く見たいと思う。上に登って色んな人と話し、上からの景色を見下ろしたいと思う。

人間裏も表もある。そんな人間の素の顔を向き合えるのが、ビジネスアフィリエイトの面白さだ。

まとめ

自分の目的地の1つと、自分の抱えている違和感と課題、Webメディアが今後どうなっていくのか、人間の未来について。

カラオケ行きたい。

広告を非表示にする