うぇぶまけ給水所|content="noindex"

日々の思考の給水所。人生論がお好きなマーケターさんはごひいきに。

今朝のアウトプット「サイト設計」

前提

2つの顧客属性

今すぐ客と冷やかし客。

今すぐ客に対しては本題から切り出して明快で分かりやすい誘導。

冷やかし客に対してはコピーライティングで教育、サイト名を覚えて帰ってもらう「〇〇のあんなサイトがあったな・・名前なんだっけ・・」。

成約を重視したサイト設計

橋の短いユーザーにぶつける。

サイトの大きさは規模感で決める。

 

実行手順

案件の詳細を手に入れる

ASPと交渉して担当にアポをとる、案件セミナーに参る。

広告単価、特単の条件、承認率とセールスページのCVR。

雑誌や広告、CMの露出は多いか=トレンド。

市場規模はどれくらいか。

ジャンル内のタイプ別特徴やメリットデメリット、ユーザー時間軸で利用する商品は変わるのか。

広告主の困っていることは何か。ニッチワード集客なのか、他社との差別化なのか、初速をつけたいのか。

+α YOUTUBEで関連動画をチェックする、ネカフェで漫画を読む、雑誌をチェックする

 

ジャンルの相対感を知る

商標はガッチリか?スカスカか?無料ブログ、キーワード一致、公式順位、仕込みサイト、1位~3位のサイト構成

キーワードに広がりはあるか=ユーザーのバックグラウンド、悩みの多様性

マインドマップを描く;ジャンル内プロダクトの勢力図、外部ジャンルとの接続マップ、商標の規模感

 

Q&Aサイト+レビューを読み込む

KP上位のミドルワードをぶち込み、99%重複するまで読み込む。

ユーザーの悩みや疑問、背景を知る。どんな解答をベストアンサーにしたのか。コメントはどうなのか。何を思ってCVするのか。

ユーザーの使う言葉や雰囲気を知る。特徴的な動詞や名詞、トピックを抜き出す。優秀な回答があればストック。

 

サジェストを分類していく

ターゲットの像を大まかに分類

ニッチで拾えそうなワードにあたりをつける→サイト構成規模

+α 楽天レビュー

 

サイト作成

中小規模のサイトはCKドメインでスプリント構築。例:市場調査用ペラサイト商標×関連ワード 、ニッチ(悩み顕在ワードや地域、固有名詞)×ジャンル名

メインサイト

ちなみにPPCで代用した場合は商標×関連やビッグワードを攻めてニッチCVワードを集める流れ。無駄なニッチ記事のヘタうちをしている時間が浮く。

売れる商品を選び、訴求内容が基準をクリアしていれば、市場調査用サイトは必要ない。2~3ヶ月かかる市場調査が2週間に短縮される。

 

注意点

他社の追随を許さない戦略

ワードで上がってきたら、直接訪問レビュー、書籍写真、体験談やレビュー引き上げ、コンバージョン力向上でサイトパワーを加速させる。ぶち抜けたコンテンツ量は、他社の追随を許さない。

また、キラーページに分類されるニッチなセールスページは個別でつくるかサブドメイン・サブディレクトリの独立ページで行う。