うぇぶまけ給水所|content="noindex"

日々の思考の給水所。人生論がお好きなマーケターさんはごひいきに。

ぶっちゃけた話、だいじなことはどこにも書かれていない。

 

  • バンジージャンプを飛んだら人生変わるって本当ですか?
  • 起業してみて感想はどうですか?後悔していますか、満足していますか?
  • どう?あそこのカレー屋さん美味しかった?

いや、だったらやれよ。という話。

  • 毎日何を心掛ければ人生がもっと豊かになるのでしょうか。
  • 自分にとって大切なモノとは一体なんなのでしょうか。

ここらへんまでいくと宗教地味てくる。

  • この場合はどんなキーワード訴求がいいですか?
  • 何ページつくったらあがりますかね?
  • コンセプトが大事だと聞いたのですが、もうダメでしょうか?

いや、だったらやれよ。あんたの時間なんて大した価値はねぇんだよ。没個性の1人の人間が稼ぐ時給は1000円だ。あんた、そんな投資さえできないというのか?どんどん損をしろ。した損の数だけ、人の魅力になる。まずはやることだ。

で、「だったらやれよ」なんだが、やらないユーザーが大多数も大多数。なぜやらないのか???と疑問に思うことばかりだ。

じゃあ「サクッとやってみましたよ」というあなたと「ほんと?きかせて!」というユーザーの間には落差が生まれる。これを価値と呼ぶ。マネーが動く瞬間である。

 

情報の価値が低下している

これ図で説明すべき案件なんだけど、情報の特性について。

情報って、無いと困るよね。じゃああるだけいいのか?

これは「No」。

何故なら情報を吸収すること=行動できたはずの時間を使うこと

だからだ。

世の中には、白黒はっきりつく情報と、誰かの意見や見解が混ざった2次情報がある。

明日の天気とか、企業が倒産したとか、M&Aしたとか。これは白黒はっきりしている一時情報だ。対して人気ランキングとかおすすめランキングとか、〇〇する方法とか感想とか体験談とかいった大多数の情報は、第3社のフィルターを通った2次情報だ。

情報ってのは、最初はあればあるだけいい。でも次の段階で「情報がありすぎて選べない」というパターンが起こる。そこで新たな情報のニーズが生まれる。キュレーションとか、オピニオンリーダーとか。

全ての情報には、目的がある。1つは行動するためだ。すると、最短で行動へ導ける情報こそ最も価値の高い情報となる。

サイトに1つのアクセスがあったとき、そのユーザーはコンテンツを「食っている」。その目的が果たしてどんな目的を満たすものなのか?ということを、アフィリエイターとしてがっつり考えたい。

 

結局、だいじなことは・・・

どこにも書いていない。誰も知らない。死んだあとの世界なんて誰もしらない。

その上、いくら自分にとって大事な金を投資したセミナーだからといって答えは満たされない。あえて言語化していないにせよ、本人が気づいていないにせよ。全ての情報には欠落がある。欠落だらけだ。

だいじなことは、自分でつかみ取るしかない。そしてその真実は、誰にも語られない。語ることができない。なぜならば経験した者のみが分かり合える世界がそこにはあり、経験しないうちに実感することはできないからだ。

つまり、やれと。

 

 

広告を非表示にする