うぇぶまけ給水所|content="noindex"

日々の思考の給水所。人生論がお好きなマーケターさんはごひいきに。

マネーの虎。高橋社長の言葉

マネーの虎に出演していた高橋がなりの発言のまとめ。

いつまでみれるかわかんないんで、テキストベースに落としておきます。

当時と今の外部環境の差、ハイライトされる経営者の色の差はあれど。

 

オタクとは

自分の感情を優先する人。人の感情は関係ないんだよね。だからいい作品つくるやつもいる。コツコツやる分にはできる方かもしれないが、ぼくは組みたくない。

 

人を買う。運のいいヤツ悪いヤツ。

出すんです。ただダメだったらばすっぱりやめてAV業界に来てください。経営者として能がないというふうになるでしょうから、そこで自己破産して頂きたい。ぼくに1千万損させた男っていう汚名を被りながらうちで働いていただきたい。

失敗の経験は必ず生きる。ぼくはここに人を買いに来てる。あなたとお付き合いするのに1850万必要ならば、出す価値はあると思ったんです。

一番心配なのは今まで成功してないっていう部分の、運がないヤツって言う部分。普通にいったら付き合っちゃいけない。俺とくっつくことで運を分けられるかもしれないし、成功するかもしれない。成功するのが一番うれしい。ただ失敗する可能性も考えないといけないんで。その場合は人を買ったと思えばいい。

 

生意気だよおまえ。

お前生意気だからやだよ俺。・・理不尽だろ?君がいくら優秀でも生意気だからお金出さないっていったのこのおじさん。でもこの理不尽さを生んでるのは君の態度なんだよ。

経験論の話すると、経験あるからって威張るなよって顔に出るんだよ。もっと転がしゃ良いじゃん。おじさん転ばせばいいんだから。今のままだと19歳のマイナスがそのまま出てるよ。

 

製作者の失敗パターン

リエーターは情熱。商売人は儲かってるかどうか冷静に見る。人に迷惑かけるとか、お世話になってるとか、商売

モノづくりの人間の弱さなんだよ。顔が制作者の顔だもん。

見た目が羊なんですよ。柵越えると食われちゃうよ。柵の中にいた方が良いと思うよ。ぼくは2回ほど食われました。あの、イタイっすよ。なかなかそこからまた這い上がれる人間って少ないと思うんで、ムリに出る必要ないと思うなぁ。

 

口角が下がっていく考え方、あがっていく考え方。

その当時の経験って嫌なものですか?(とってもいやです、という志願者)

過去の失敗を試練だと思ってるとさぁ、口角下がったままだよ。決めつけちゃいけないんだろうけど、過去を辛いとか人のせいだと思ってると口角下がるんですよ。試練与えられたと思うと、口角あがってくんですよ。

ぼくいま12万の借家なんですよ。お金ないんですよ。ローンなんて組めない。会社なんていつどうなるかわかんない。あなたどうですか?本当にそれだけ必要ですか?

お金が必要だからって事業やんない方がいいよ。必ず失敗するよ。今これだけ必要なんだと思うと、それってギャンブルと同じなんですよ。とりあえず今は動かない方がいい、まずは今できる小さいことから始めてみてください。

生意気言ってすみません。

 

プロボクサーでもなんでも、勝負は結果

ぼくも2回会社潰してるけど、勝負に負けると人って去っていくんですよ残ってくれた人の支えでまたがんばれたんだけど、基本は人って去っていくんですよ。それを恨んでいるわけでもなくて、感謝してるんですよ。教えてくれたから。

それが勝負の世界なんだって教えてくれたから。そういう意味で、今日試合に負けた彼には会いません。お先に失礼します。

 

ブランドをつくる

ジャニーズにいて、歌手になりたくて辞めたよね。形に残ったものは何がある?21年間で形が残ったものは何?

(志願者:CD出しました)

いや、売れてなんぼなんだよ。自分の目標に対して成し遂げたものはあるの?何も成し遂げていない人はブランドにならないよ。自分をブランドにするってことは、みんなが人生に憧れないとだめだよ。

 

失敗してみろ

みんな正しいこと言ってくれてるけど、今あんた聞く気ないだろ?俺なら聞かないもん。

俺もさ、大学いきなさいっていわれて遊んでたよ。そんときはさ、勉強しなさいってのは頭でわかるんだけど、実感としては分からんよね。学校行くときって勉強しなくて損するの自分なんだよ。なら好いじゃないかっていう甘えがあったんだ。

でも社会に出たときにさ「お金を貰うことに対する責任感」って出てくるんだよ。これだけもらったんならやらなきゃ、みたいな。

だから失敗しないとわかんないんだよ。失敗していいから、250万出すからさ失敗しなよ。ただ失敗したときは覚悟してね、身体で返して。笑

ぼくもさ、アツいやかんに触るとヤケドするよって言われてどうアツいのかわかんないじゃん、だから「触らせてくれ!」っていうタイプ。経験主義なんだよ。周りをみて焦っちゃうんだよね、でも焦る必要はないよ、21なんだからさ、失敗してみりゃいいじゃん。

(ダメ人間つくるんじゃないすか?という他の社長の横槍に対して)どっかで気付いたときに変われると思うんですよ、こういう人は。でも大事なのはさ、その時に救ってくれた人があるかどうかなんですよ。

 

病気になるってことは経営者として失格

冷たい言い方だけどもね、病気になるってことは能力がないってことなんだよ。それを理解できないと経営者になっちゃいけないの。

経営者なんて全て結果なんだよ。全部数字なんだよ。がんばりましたなんて関係ないんだよ。そういう運のない人間は経営者になっちゃいけないの。

例えばの話ね、俺ならどうしただろうって考えると、まずは隠すことを考える。要するに人を頼っちゃいけないの経営者って。誰も頼っちゃいけないの。自分一人しかいないの。

この日から1日も休みません、っていうところからきて、身体づくりして、精神的な部分も経営者になって、一気にスパートする。別に休むなっていうことじゃなく、そういうつもりで、遅れを取り戻すんだっていうつもりでいらっしゃい。

 

経営者のマインド

主権を持っている人間は誰だ。自分のお金ではなく、人のお金を使っている以上は主権はそっちにあるんだよ。自分から辞めちゃいけない。バックアップしてくれる人間はさ、もしかしたら支援しない方が楽になるのかもしれないよ。だけどさ、失敗してざまーみろって言われるのやじゃん。出してもらった人間の最低限の義務は「辞めるっていわない」ことなんだよ。

リスクがなくて、資金があるのに自分から辞めるなんて、全国の経営者からしたら「信じられない」よ。俺たちのやってる経営っていう戦場をバカにしないでくれ、って思う人がたくさんいると思う。