うぇぶまけ給水所|content="noindex"

日々の思考の給水所。人生論がお好きなマーケターさんはごひいきに。

スパルタアフィリエイターと陸上800m競技の共通点

高校時代、長距離種目の部活に入っていたんですね。毎シーズンが始まるたびに「部活辞めたい」と思っていた、すけまるです。

 

超ストイックアフィリエイターの生態

先日

アフィリエイターは超ストイック派とエンジョイ派しかいない。ストイックな層は存在せず、ストイックな人間はすべからく突き抜けている

というTweetを目にしました。

「突き抜けているストイックな層」とはいったい何を考えているのでしょうか。

  • なぜストイックでなければならないのか。
  • ストイックとは単に量をこなすだけなのかどうか。

考えてみます。1000文字ちょっとです。

 

陸上競技の中で最も過酷な競技

陸上競技で最も「キツい競技」は800m走だといわれます。100mでも400mでもマラソンでもなく、800m走です。一般に中距離走といわれるものです。

長距離種目では「どこでスパートをかけるか」「ペースは早いがこの集団についていこう」などと考えます。

短距離走には駆け引きや戦略は必要ありません。10秒や20秒で決まる世界です。その瞬間の筋肉に全精力を使い果たします。考えながら走ることなんてありません。

  • 長距離=考えながら走る
  • 短距離=無心で全力で走る

この違いがアフィリエイトを含めたビジネスにも当てはまるわけで

  • 戦略を考慮し、考えながら走る時間にするか
  • 何も考えずに走りきる時間にするか

ということになります。

 

では中距離はどうか。中距離では

  • 戦略を考える長距離的視点
  • 全力疾走する短距離的視点

の双方が必要になるわけです。

 

無酸素運動と有酸素運動の違い

無酸素運動と有酸素運動という区別の違いは、エネルギー生産の違いにあります。

無酸素運動の場合はエネルギー生産を待ちません。有酸素運動は体内でエネルギーを生産しつつ、ストックしたエネルギーも同時に使い切ります。

800m走がキツいといわれるのは、

  • 動かない脚を動かし、ペースを崩さずに全力で走る
  • 酸欠で視野が狭まった頭で戦略を考える

という両面があるからです。

死にそうになりますが、死ぬ気力も起きないレベルで戦っている。普段走らない人は400mダッシュ×3をしてみてください。2本目以降、相当苦しいです。

 

ペース配分は考えない

実績と経歴が積みあがってくると、長距離的視点=マラソンランナーとして事業を考えているアフィリエイターも多いでしょう。

しかし「上のクラスに突き抜けたい」と考えているアフィリエイターに関しては800m走のマインドセットで日々の作業をすることが重要と考えています。

  • 得た利益は投資につぎ込む
  • 外注費を決めて使い切る
  • 3ヶ月で投資額を回収する

というのは、アフィリエイターとして見本にすべき好循環だと思っています。

 

「アフィリエイターなんてみんなドM」というコメントもありましたが、陸上競技やってる人間もほとんどドMです。

ドM同士、精進しましょう。

 

すけまる@

広告を非表示にする